酷い濁りも場所によっては抜けていい感じ

本日の天候は晴れのち曇り。午前中は晴れていましたが次第に雲が広がり夕方は少し雨がパラつく下り坂の天候で、朝はこの秋一番の冷え込みで、日中も風の影響あってか肌寒い1日となりました。風は終日東寄りの風が吹いていました。

海洋、沖合いは終日風波がありお昼前後が白波が目立っていましたね。ポイントの湾内も沖合い同様にお昼前後が風波が目立っていました。ただ、中に入ってしまえば問題なく終日潜水可能でした。外海は東風の影響が少なく湾内より穏やかで問題なく潜水可能でした。

海中の様子、気になる透明度は湾内1~10m、外海8~12mと、3日前に濁ってしまった湾内の浅場ですが、今日も干潮時の時間帯が一番濁りが酷く水深10m付近までは0~1mの状態となっていました・・・。ただ、朝イチや夕方は波打ち際のみが濁っている状態で、ゴロタ付近からは全然抜けていましたね。あと時間帯によってや場所、深度によって透明度が悪化していただけで湾内全域が終日悪いって感じではなかったですね。外海は大きく変化する事なく8~12mって感じでしたね。ただ、時間帯によっては18m付近から深場は結構な流れが生じていた様で注意が必要ですね。水温は変わらず26~27℃と海中の方があったかく感じられましたね。

生物、今日は湾内の濁りのチェックも兼ねて調査は湾内。貝に入るミジンベニハゼは噂通りに貝ごと行方不明・・・おそらくヤドカリさんが貝を持って行ったのかな??他の瓶やフジツボに住むミジンベニハゼは継続して確認出来ました。また、濁りにも負けず継続して見られているサラサハタや時間帯によっては全く見れなかったネジリンボウやヒレナガネジリンボウにクビアカハゼ幼魚、安定してみられているウデフリツノザヤウミウシやアオハタ幼魚などの生物が見られました。また、アカホシカクレエビやビシャモンエビ、イソギンチャクモエビ、コケギンポなどの生物確認情報もありました。

明日の天気予報は曇り。終日曇りマークですね。風は変わらず東寄りの風が吹く予報です。ポイントは湾内・外海共に問題なく潜水可能でしょう。

by シュウ


天候:晴/曇   気温:26℃  風向:北東


*潜水時間*
湾内 AM7:00~PM18:00
外海 AM7:00~PM17:00
先端 AM9:00~PM16:00
*透明度(m)* 湾内 1~ 10 外海 8~ 12 先端 –
*水温(℃)* 湾内 26~ 27 外海 26~ 27 先端 –
*潜水 可・不可* 湾内 可 外海 可 先端 不可